21世紀の吹奏楽“響宴”

「スクールバンド・プロジェクト」委嘱作品リスト

「スクールバンド・プロジェクト」について

“響宴”が一部の高いレベルの団体だけではなく、普通のスクールバンドにとっても有益なレパートリーの提供の場となることを目指し、2014年に開催された第17回“響宴”から、教育的な内容の吹奏楽作品の開発・発信を目的とした委嘱プロジェクト、「スクールバンド・プロジェクト」が始まりました。それらの作品はすべて(株)ブレーンから出版され、広く演奏されています。

「教育的な作品」を定義することは実際には困難です。そこで“響宴”実行委員会では以下のようないくつかの基本コンセプトを委嘱作曲家に提示し、その条件の範囲内で自由に創作していただくようにお願いしております。

  • 技術的にはグレード2.5 〜3 程度の、しかし音楽的には内容の高い作品
  • コンクールや学校行事おける演奏に好適な作品
  • 音楽の形式やスタイル、表現の基礎を学ぶことができる作品
  • 25 名かそれ以下で演奏可能な作品
  • 演奏時間6 〜8 分の作品(ただし作品の内容や目的に応じて、さらに長くとも、あるいは短くとも結構)

スクールバンドのレパートリーへの新しい提案、言い換えれば、これまでになかったような初級~中級レベルの作品の創出こそ、このプロジェクトが目指すものです。

(プロジェクト・リーダー 後藤 洋)

これまでの委嘱作品

第23回“響宴”

  • 西邑 由記子:ジャカランダ・ミモシフォリア

第21回“響宴”

  • 三浦 秀秋:スクールバンド交響曲 YouTube

第20回“響宴”

  • 坂井 貴祐:星降る夜 YouTube
  • 福田 洋介:山河の舞 YouTube

第19回“響宴”

  • 後藤 洋:ウインド・アンサンブルのための《シャドー・ソング》 YouTube
  • 福島 弘和:吹奏楽のためのセレナーデ YouTube

第18回“響宴”

第17回“響宴”

  • 高橋 伸哉:レールウェイ YouTube
  • 高橋 宏樹:大地の詩 YouTube
Return Top