第23回“響宴” および “小編成レパートリー・プロジェクト” の開催につきまして(第3報)

 新型コロナウイルスの感染防止のため、3月8日の第23回“響宴”は開催を見送りさせていただきました。

 第23回“響宴”は1年延期し、2021年3月7日、文京シビックホールでの開催といたします。原則として演奏曲目と演奏団体は変更いたしませんが、プログラムは今回演奏が予定されていた曲目に新たに数曲を追加した内容になる見込みです。今回演奏が予定されていた作品が今後1年の間に出版された場合も、特例としてそのままプログラムに残すことといたします。なお、小ホールで開催が予定されておりました「小編成レパートリー・プロジェクト」につきましても、同様に2021年3月7日、文京シビックホール(小ホール)での開催を予定しております。

 本年5月に行う作品の公募は、「第23回“響宴”(振替え公演=2021年3月7日)のための追加募集、および第24回“響宴”(2022年)の事前募集」として継続し、2021年3月7日の第23回“響宴”で採用できなかった応募作品は、すべてそのまま第24回のための応募作品として繰越します。また第24回“響宴”のための作品公募は、それとは別に2021年5月にもあらためて実施いたします。詳細につきましては、本ホームページ上にてあらためてお知らせする予定です。

 開催を見送らせていただきました3月8日の第23回“響宴”のチケットは払い戻しをいたします。詳細はこちらをご覧ください。

 今回の開催見送りにつきまして、作曲者の方々、出演団体の皆様、“21世紀の吹奏楽”会員の皆様をはじめ、多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけいたしましたことをお詫び申し上げますとともに、今後とも“響宴”に対してご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2020/03/09
“21世紀の吹奏楽” 実行委員会 代表
後藤 洋

→過去のお知らせ