“響宴”作品募集について

吹奏楽作品情報 提供のお願い

2018年以降の“響宴”で取り上げる作品の候補を収集しています。
過去に作曲家に委嘱したが、その後あまり再演されていない作品などの情報がありましたら、是非、提供して頂けるよう、お願いいたします。

“21世紀の吹奏楽”は、設立趣旨にもあるように「新しい吹奏楽のレパートリーを創出する」こと、また「吹奏楽のアイデンティティーについて考えを深め、広く音楽界にアピールする」ことを目的としています。

過去に演奏されてはいても、メディア等に登場する機会も少なく、日の目を見ないでいる「名曲」も数多く存在していることと思います。そのような作品を再演、紹介して行きたいと思っておりますので、情報をお寄せ下さい。

作曲者へのアプローチ等は、選曲委員会事務局で行いますが、おわかりになる範囲で住所、電話番号など教えて頂けると助かります。

“21世紀の吹奏楽”で求めている作品

  • 吹奏楽の形態の作品。スタイル、ジャンルについては特に制限を設けませんが、比較的稀少なジャンル(ウィンドポップス)も歓迎します。
  • 編成についても特に制限はありませんが、小編成あるいはそれに近い編成の作品に関する情報が特に不足しています。これからの吹奏楽を考えた場合、小さい編成の優れた作品がどうしても必要になることと思われます。情報の提供を是非、お願いいたします。
  • アマチュアでも演奏可能な作品を歓迎します。演奏グレードに捕らわれる必要はありませんが、中学生、高校生、あるいは小学生でも本気で取り組み、かつ楽しめるような作品も求めるところです。
  • 原則として未出版の邦人作品としますが、在日の方の作品を排除するものではありません。ただし、日本に生活基盤があり、日本で活動されている方といたします。
  • 新しく書かれた作品でも、既に演奏されたことのある作品でも構いません。
 

情報提供の時期

  • “響宴”選曲作業は6月始めより行っています。したがって、2018年に演奏する曲は、2017年5月末までに楽譜、音源等を入手できた分までの中からとなります。
  • できるだけ早い時期からの情報提供への御協力をよろしくお願いいたします。